親知らずによる悪影響

親知らずは、前から数えて8番目の永久歯のことで、「智歯」「知恵歯」「第三大臼歯」などと呼ばれることもあります。

普通の永久歯は通常13歳ぐらいまでに生え揃いますが、親知らずは10代後半~20代前半に生えてきます(生まれつき親知らずがない人や、生えてこない人もいます)。

親元を離れる頃に生え、親がその歯の生え始めを知らないということから「親知らず」という名前がついたと言われています。

歯並びに影響する

親知らずは、斜め向きや横向きに生えてくることも多いため、隣の歯を圧迫し、前歯の歯並びが乱れてしまうことがあります。

虫歯になりやすい

親知らずが横向きに生えていると、歯を磨きづらいため、虫歯になりやすくなります。そして虫歯を治療しても、歯磨きが難しいため、再度虫歯になってしまうこともあります。

炎症を起こしやすい

親知らずの周りは汚れが溜まりやすいため、炎症を起こす可能性が高くなります。特に、疲れが溜まっているとき、病気などで抵抗力が落ちているときなどに、炎症を起こすことが多いです。

口臭の原因

親知らずの周りは食べカスが詰まりやすくなっています。これらの食べカスが、細菌に食べられ、ガスを発生させて口臭の原因の一因となります。また、歯茎がかぶさり、膿がたまることも口臭の原因の一つにあげられます。

顎関節症のリスク

顎関節症とは、顎を動かしたときに音が鳴ったり、痛みが生じたり、口の開閉がスムーズにできなくなったりするものです。親知らずによって噛み合わせが悪くなり、片側だけで噛んでしまうと、顎の負担が偏ります。それが顎関節症を引き起こすケースがあります。

隣の歯に影響が出る

一番問題なのが、親知らずによって、隣の歯にまで影響が出てくるということです。歯茎の中で、隣の歯を圧迫して歯肉炎になったり、また食べ物のカスは親知らずと隣の歯との間に挟まるので、知らず知らずのうちに、隣の歯も虫歯になり、気付いたときには隣の歯も抜歯しなければいけない、という危険性もありますので、お口の中に違和感を感じたら。お早目に広島・広島市南区の河村歯科クリニックにご連絡下さい。

  • 河村歯科クリニック officialsite
  • YouTube 院長インタビュー動画 別サイトが開きます
お気軽にお電話下さい。tel:0120−68−6480